商品検索
商品カテゴリー

ARM-JTAG

型番 OLIMEX-ARM-JTAG
現金特価 1,524円(税抜) 〜
※送料800円

*販売終了
在庫終了のため、本製品は販売を終了致しました。

%OFF! 3,200円(税抜) → 1,524円(税抜)

詳細価格表

ARM-JTAG

主な特徴

  • パラレルポートJTAGドングルインターフェースで、全てのARMデバイスのプログラム・デバッグすることが可能。
  • ARMスタンダード2x10ピンJTAGコネクタを使用。
  • 電源をLPTポートから取得するため、外部電源は不要
  • Rowley 社のCrossConnect、 IAR、 EWARMそして GCC (OCD)ソフトウェアと互換性があり、 プログラミング、リアルタイムエミュレーション、デバッグ、ステッププログラム、ブレークポイント、メモリダンプなど 高度なエミュレータの機能全てが可能です。
  • IAR EWARMとともに、アセンブラでは無制限のコードサイズで、Cでは16Kのコードサイズを、 全てのLPC21xx armマイクロコントローラで使用可能です。
  • GCC Cコンパイラ(無料)とインサイトツールとデバッガが動作します。
  • 外寸:50x40 mm (2x1.6") + 20 cm (8") ケーブル

ドキュメント

ハードウェア

ソフトウェア

  • H-JTAG フリーウェアRDI151サーバー
    全てのRDI151サポートのデバッガ/IDEのARM-JTAGをサポートします。
    ARM-JTAGは通常のWiggler clonesより付加信号を持っています。
    セットアップはこちらをご参照ください。
  • WinARM
    簡単にオープンソースGCCツールチェーンをインストールできます。また、多岐に渡るLPCボード用の用例がインストールできます
    サポートファイル(zip) / ドキュメント
  • openOCD
    Dominic Rathのdiplomプロジェクトのオープンソースデバッガで、ターゲットをInsight/GDBでデバッグするOCDdeamonと置換します
  • EWARM
    プロ仕様のCコンパイラとデバッガで、IAR Systems AB Swedenの無料キックスタートバージョンは、 無制限アッセンブル言語と32KまでCコードを使用できます。H-JTAG RDI151とARM-JTAGで動作確認済みです。
    LPC2138ボードへのflashダウンロードはSegger製のUSB J-Linkアダプタより30%遅いflashプログラミングになります
  • CrossWork for ARM
    GCCの IDEとデバッガ極めて初期のWigglerとARM-JTAGをサポートするパッケージ
  • Keil Software
    uVision コマーシャルの C コンパイラとデバッガです。初期のIDEはGCCとでしたが、その後、独自のCコンパイラを開発しました。
  • OCDeamon
    OCDeamon ツールチェインはMacraigorシステムのデバッガです
  • GNUARM
    Arius製のGCCツールチェインです

カートを見る